脊山麻理子(せやま まりこ)美熟女 元日テレアナウンサー


メニュー

 

脊山麻理子/プロフィール

 

脊山麻理子/ニュース

 

脊山麻理子/動画集

 

脊山麻理子/画像集

 

脊山麻理子/動画作品一覧

 

 

2020年1月24日更新

脊山麻理子 おすすめ作品

 

脊山麻理子 プロフィール

 

  • 生年月日

 

1980年4月8日

 

 

  • 出身地

 

東京都

 

 

  • 血液型

 

B型

 

 

  • 身長/体重

 

164cm/体重非公開

 

 

  • スリーサイズ

 

84-57-84cm

 

 

  • カップサイズ

 

Dカップ

 

 

  • 所属芸能事務所

 

ホリプロ

 

 

 

今回は元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサー・タレントとして活動されている

脊山麻理子さんをご紹介します。

 

2000年4月に慶応義塾大学に入学し、2004年に卒業後、日本テレビに入社。

 

 

2009年12月に大学時代の先輩にあたる商社マンの一般男性と結婚するが、

2015年7月に離婚。

 

離婚の原因は脊山麻理子さんが妻子ある男性とW不倫しとことだと報道されたが、

本人は「離婚は不倫が原因ではなく、もともと夫婦間が冷め切っていた」と話している。

 

 

2010年2月9日に日本テレビを退社し、同年5月にフリーアナウンサーへ転身。

 

2013年6月に現所属事務所のホリプロに所属し、翌年2014年1月27日発売の「週刊プレイボーイ」で初グラビアを披露すると、

30代の妖艶な美ボディが話題となり、世間を騒がせる。

これをきっかけにアナウンサー業と並行してグラビアタレントとしての活動を本格化させる。

 

 

2014年5月にファースト写真集
SEYAMA 」をリリースすると、同年6月にはファーストイメージDVD
34〜永遠の天然少女〜」をリリース。

 

2016年12月に記者会見を行い、同年12月22日に東京・後楽園ホールでプロレスラーとしてデビューすることが発表されました。

 

2018年11月10日には2冊同時の写真集「 S 」と「 M 」をリリース。

 

他で見たことない写真集にしようと思い、SとMの違うテーマで自分を表現したという同写真集では、ムチを手にした女王様姿や真っ赤な麻縄に縛られているM女姿などを披露しており、

手で局部を隠す”手パンツ”ショットにも挑戦するなど過激な内容に仕上がっています。

 

 

脊山麻理子 ニュース

2020年

 

2月

 

2020/2/16 脊山麻理子“元キー局女子アナ初”ヘアヌードいよいよ解禁か!?

 

2020/2/11 脊山麻理子、グラビア活動に意欲「肉感的な私も楽しんで」

 

2020/2/3 脊山麻理子、穴あきジーンズでお尻丸出し 「エロさをお伝えできれば」

 

2020/2/1 脊山麻理子、シースルー衣装で登壇!撮影の苦労を告白

 

2020/2/1 脊山麻理子「こたつの上の熟女」からフェロモンがだだ漏れ!

 

1月

 

2020/1/22 日テレアナからセクシーなグラビアアイドルに転身した脊山麻理子に聞いた7年目の自覚

 

脊山麻理子 動画集

 

 

 

 

 

 

 

脊山麻理子 おすすめ作品

脊山麻理子/先生と僕のもうひとつの物語

対応デバイス: パソコン

iPhone/iPad

Android

配信開始日: 2020/01/24
収録時間: 81分

 

内容紹介

 

もはや抑えきれないほどフェロモンが溢れ出る脊山麻理子さんの最新作。

 

前作「ひと夏の恋」でアバンチュールに身を焦がした女教師・麻理子は、北の大地で再び禁断の恋に溺れていく。

 

アイドルワン 脊山麻理子 先生と僕のもうひとつの物語

 

サンプル動画

 

 

続きはコチラから先生と僕のもうひとつの物語 脊山麻理子

 

DMM.comでの動画視聴はこちら

 

脊山麻理子 先生と僕のもうひとつの物語(動画)

 

 

SOKMIL(ソクミル)での動画視聴はこちら

 

脊山麻理子 先生と僕のもうひとつの物語(動画)

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

姉妹サイト

 

AV女優 情報NETWORK

VR動画

アーカイブ
カテゴリー
管理人プロフィール


kei

グラビアアイドルをこよなく愛し、その素晴らしさを皆に伝えたいがためにブログを立ち上げる。

座右の銘は「正しい継続は力なり」

嫌いな言葉は「格差社会」

ページの先頭へ